ヨハネちゃんズ バイブル

25歳のプリティーウーマンの徒然なる日記。

僕は空洞、でかい空洞だよ。ジャパニーズ🇯🇵パート1

ちゃーーーす!おみゃーら、元気しとうやーーーーー!?!?😠👊


最近愛犬がワガママになってきた。でもメロメロなので朝の6:00には散歩に連れてってあげる25歳のプリティーウーマンおみゃーらのヨハネちゃんだーーーーーーッッッ🍖
仲間になろーーーーッッッ✊

 

ガウガウ🐺

 

 

そろそろ私が鬱だった時の話でもしようかと思う。長くなるから何回かのパートにわけようかな?

 

そもそもガツンと来たきっかけってのが、中学生からの夢だった「獣医」っていう夢を叔母に弾圧された。16歳の私には叔母を論破する知恵も知識もなくて、獣医になることだけを夢見てた私は光を失った。
それまでめちゃくちゃ勉強してたからね?
私の高校、そこそこ県内でもトップクラスの進学校だったからな???
苦手な数学を頑張って勉強しまくって獣医になるために理数科にもはいったわ。

 

で、叔母にキーキー言われてからどうして良いかわからなくなって。

今思えばそんな事言われても自分の夢を貫けばよかったんだけど。うまくできなくて。


自分で何か調べるっていうのもその時は不得意だったし。
好きなものも少なかったから大学の進路どうしようって悩み始めたら学校をサボるようになった。

男女の仲も悪いし、部活も何が楽しくてこんな辛い練習やってるのか分からないし、勉強しに行く意味って何。
って。思って、家でハンターハンター読んでた。

特に今でも思い出せるんだけど、滅多に弱音を親の前で言わなかったのにポツリと「しんどい」ってお母さんの前で言っちゃったんだよね。
そしたら休憩していいんだよって言われたからめちゃくちゃ休憩してた。

 

多分この頃からもう暗闇の中をウロウロしてたから鬱の始まりだったんじゃないかな?って思ってる。
そしたら勉強に追いつけなくなった。案の定。訳がわからなくなって大学進学どうしようって迷ってた時、家でボーッと「the 世界遺産」のテレビでモン・サン・ミッシェルの特集やってて「かっけー…」って思ったから高校三年生の夏頃かな?建築学科に進路を決めた。

次回!西洋建築ゼミは消えました。ガッデム!
お楽しみに~~~!


そんじゃ、サリューーー🐦✋

 

タイトル by

空洞です

ゆらゆら帝国